→KOBAのプロフィールはこちら←

【2020】クラウドワークス登録方法を図解!本人確認&プロフ書き方も!

あなた

クラウドワークスの登録方法を知りたい…

本記事では、こんな悩みに応えていきます。

20枚近い画像を用いながら、『クラウドワークスの登録方法とプロフィールの書き方』を徹底解説します!

クラウドワークスで月に数万円を稼ぐベテランの僕が解説しているので、登録してすぐ仕事を獲れるようなポイントもわかります。


最後まで読んでいただければ、10分後にはクラウドワークスで稼ぐことが出来ますよ!

クラウドワークスの登録方法


早速本題です。

クラウドワークスは登録する際に「3つのステップ」を踏む必要があります。

  1. 本登録
  2. 本人確認
  3. プロフィール記入

ということで、上記3つのステップに分けて解説していきます。

補足

今回は『スマホ』での登録手順を図解します。

スマホの方が手軽かつスムーズにできるので、オススメです!

【図解】クラウドワークスの本登録


まずは下記のリンクから飛び、『無料で利用を開始する』を選択します。

→クラウドワークスに無料登録する


無料で利用を開始する

※スマホでは『会員登録して発注する(無料)』をタップ。


すると「メールアドレス」「Facebookアカウント」「ヤフー」「Google+」のどれかで登録する画面に映ります。

ただ結局登録することになる「メアド」でやるのが一番効率的だと思うので、今回はメアドを入力していきます。

メールアドレスを入力

メールを確認し、URLをタップします。

本登録のURLをタップ

そしたらここから所定の項目を1つ1つ入力していきます。

所定の項目

全部で10個程度の項目がありますので、抜け漏れや間違いのないよう確認しながら入力していきましょう。

ちなみに項目は下記の通り。

  • ユーザー名(@前のメアド…変更推奨)
  • パスワード
  • 主な利用方法(「依頼する」にチェック)
  • 個人/法人(「個人」にチェック
  • 氏名
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 利用規約にチェック
  • AI認証

「ユーザー名」はできれば分かりやすいものに変更しておくと後で便利です。そして全て入力し終えたら『入力内容を確認する』をタップ。

そして入力内容の確認画面に移るので、OKなら『会員登録を実行する』をタップ。

会員登録を実行する

これで会員登録は完了です。

クラウドワークス登録後のスカウトラッシュは無視しよう

これは余談なんですが、登録するとすぐに下記画像のような「大量のスカウト」が届きます。


クラウドワークス登録後のスカウトラッシュ

ただ、こういった仕事は基本無視しましょう。

その理由は、安く働かそうとする企業しかいないからです。

  • 登録したばっか=初心者が来たぞ↓
  • 何も知らないし、格安で働かせられる↓
  • 大量に依頼する

こういう風に、あなたを搾取しようとしているだけです。

冷静に考えたら未経験に依頼するっておかしいので、その辺はシッカリ判断して無視しましょう。

【図解】クラウドワークスの本人確認

クラウドワークスの本人確認

出展:クラウドワークス


続いては『本人確認』というものを行っていきます。

クラウドワークスは匿名OKのサービスです。

そのため、この本人確認を行っているだけで一気にクライアントが信頼してくれる…というメリットがあります。

そして、上記画像の通り本人確認には以下の5つのうちどれか1つ書類が必要です。

  • パスポート
  • 運転免許証
  • 健康保険証・住民票
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書

では具体的な手順を図解していきましょう。

まず初めに「本人確認書類の写真を表裏の2枚撮影」しておきます。後ほど必要になるので!

写真が撮れたらログインし、画面右側の三本線=メニューバーを開き、『プロフィール編集』をタップします。

プロフィール編集

次に下記のような複数の項目が出るので、『本人確認書類提出』をタップします。

複数の項目

そして指定の通り進むと、「本人確認書類の選択」を迫られます。

ここで先ほど紹介した5つの身分証明書の中から1つ選択し、次の「本人確認書類の提出」に進んで下さい。

本人確認書類を提出

事前に撮影しておいた2枚の写真があると思うので、「おもて」「うら」の所にアップロードして次に進みます。

「おもて」「うら」アップロード

アップロードしたら『次へ』をタップすると、確認後『本人確認をはじめる』というボタンが出るのでタップします。

本人確認をはじめる

以上で本人確認は完了です。もし失敗したら書類を換えるなどして対応してみてください。

【図解】クラウドワークスのプロフィール欄の書き方

クラウドワークスのプロフィール欄の書き方

続いては『プロフィール欄の書き方』です。

クラウドワークスには埋めるべき項目が主に4つあります。

  • メンバー情報編集
  • スキル登録・スキル検定
  • ポートフォリオ・経歴登録
  • NDA(秘密保持契約)

全て埋めるとそれだけで仕事の契約率が4~5倍上がるので(経験談)、面倒くさがらず一緒に埋めていきましょう!

メンバー情報編集

ここでは以下のように埋めていきます。

  • 仕事カテゴリ…ライティング・記事作成
  • ステータス…対応可能です
  • 稼働可能時間/週…10~20時間(任意)
  • 時間単価…1,000円~未記入
  • 年齢層を公開する…どちらでも
  • 自己PR…テンプレに沿えばOK

特に希望の仕事が無い人は、未経験者が歓迎されやすいライティングを選択しておきましょう。

メンバー情報編集

また、自己PRはテンプレに沿えば大丈夫です。もし資格や実績がある人はそれも書いておいてください。

スキル登録・スキル検定

スキル登録・スキル検定

自分のスキルを実績としてアピールしていきます。

「実績なんてないよ…」と思われるでしょうが、何がクライアントに刺さるかわからないので、些細なものも載せるのがポイント!

  • 過去の執筆経験
  • Word/Excel/PowerPoint経験
  • アンケート回答

…などなど、何でも良いので記入していってください。

ちなみにレベルはどんなに謙虚でも「3以上」に設定しましょう。低くし過ぎると評価されないんで…。

ポートフォリオ・経歴登録

ポートフォリオ・経歴登録

ここは過去の実績をアピールする項目です。

  • 仕事したクライアント企業名
  • 掲載メディア名(制作物の名前)
  • ジャンル/具体的な仕事内容
  • 工夫した点

これらをURLや制作ファイルと共にアップしたら完了となります。

「この人はちゃんと仕事経験ある=信頼できるな」と判断されるので、随時更新するのが吉ですね。

注意

実績を載せる際は、必ずクライアントに「掲載してもいいですか?」と許可を取りましょう。

無許可だとトラブルに繋がる企業さんもいるので…

NDA(秘密保持契約)

『NDA』とは、ザックリいうと「情報漏洩などをしたら罰を受けますよ~」という宣言のことです。

1クリックするだけなので簡単ですし、締結しておくと信頼度も爆上がりなので、ぜひやっておきましょう。

まとめ

最後に本記事の内容をまとめます。

まとめ
  • 登録は3ステップ
  • まずはクラウドワークス本登録 を済ませる
  • 次に本人確認で信頼度UP
  • プロフィールを埋めて終わり!
  • これで仕事を受注する準備は完了

本記事で教えた通り項目を埋められたら、今すぐ初受注に移れます!

希望の仕事を探し、本格的にフリーランスデビューを果たしちゃってください。

また、下記の記事ではクラウドワークスのメリット・口コミについても解説しています。登録して大丈夫なのか不安な人は参考に↓

クラウドワークスのメリット・デメリットとは【月10万稼いだ僕が解説】 【2020】クラウドワークスの口コミ!月10万ユーザーが嘘か本当かガチ検証!

では、ぜひクラウドワークスを活用して、1か月の副収入10万円など贅沢な暮らしを実現させてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です