→KOBAのプロフィールはこちら←

【Webライターチャレンジ⑤】クラウドワークス「初めての仕事」の失敗しない選び方!


どうも。クラウドワークスで48件仕事し、すべて最高評価を獲得しているコバです。

先日こんなツイートをしました。


反響があったので、今回は下記の流れで『クラウドワークス初仕事の選び方』について解説していきます。

  • 本記事の流れ
  • おすすめの初仕事は?
  • 初仕事を選ぶ際に見るべき項目
  • 初仕事で良くあるQ&A
  • Webチャレ【実践編】

読めば、失敗しづらい初仕事の選び方がわかりますよ。

あなた

初めての仕事でミスったらどうしよう…。
「体験談系」の仕事を選べば、ほぼ失敗することはないよ!

コバ

クラウドワークス「初めての仕事」でオススメは?

クラウドワークス「初めての仕事」でオススメは?

クラウドワークス初仕事でおすすめなのはプロジェクト形式のライターです。

プロジェクト形式とは、ごく簡単にいえば長期的な仕事のことっすね。

ライターでいうと、数分で終わるアンケートとは違い、ガッツリ何千文字とか書く…みたいなやつ!

プロジェクトのほうが100%稼げるし、ライターなら道具とかもいらないのでオススメしてます。

クラウドワークス初めての仕事でオススメなのは「体験談系」


プロジェクト形式の中でも、具体的な仕事としては「体験談系」のライティングがオススメ。

例を出すと、以下のような仕事ですね。

  • 簿記3級を取得した体験談募集!
  • 未経験からIT業界に転職した体験談を教えてください
  • 彼女に振られたエピソード募集

こういった体験談系の仕事は体験そのものに価値があるため、文章力が問われづらいです。

しかも高単価なことが多く、初心者に打ってつけの仕事と断言できますな!

筆者コバの初めての仕事も「体験談系」でした!


無論、ボクも初心者のころは体験談系の仕事を受けまくってました。

中でも思い出に残ってるのは、「派遣会社でバイトした体験談」ですかね。

クライアントも体験談系の仕事は初心者が多いとわかってるので、超丁寧に仕事方法を解説してくれたんですよ。

しかも!下記画像のように今後のアドバイスまでしてくれたんですよね…。優しすぎ!!

今後のアドバイス

結論。文章力が問われづらい体験談系の仕事はオススメっすよ!

クラウドワークスで初めて仕事を選ぶときに見るべ項目は?

クラウドワークスで初めて仕事を選ぶときに見るべき項目は?

クラウドワークス初仕事を選ぶ際、注視すべき項目は以下の5つです。

  • ジャンル
  • 文字単価と手数料
  • 倍率
  • 評価とコメント
  • メディア公開の有無

この5つを見分けられれば、悪質クライアントとの出会いをほぼゼロにできます。

1年くらい経験してわかった見分け方なので、参考にしてみてー!

ジャンル


まず最初に見るべきなのが執筆ジャンルです。

…というのも、苦手ジャンルだとモチベが下がり、負の連鎖にはいります。

  1. 受注したけど面倒
  2. 仕事に取りかからない
  3. 締め切り前に慌てる
  4. 結局間に合わない(or低品質)
  5. クライアントから低評価
  6. 今後いい案件が入らない
  7. 苦手な仕事を受けるしかない
  8. 以下、繰り返し…

こんな感じで負のループに入るんです。嫌っすよね(笑)

ただこれが好きなジャンルだと真逆に!!好きなことの知識も増えるし、一石二鳥よ。

文字単価


次に見るべきなのが文字単価です。

脳に叩き込んで欲しいのですが、1文字0.5円未満の仕事は9割が悪質な仕事です。

なぜか?その理由は「報酬が仕事量に見合わない」からです。

  • 1文字0.1円…2,000字で200円
  • 1文字0.3円…2,000字で600円
  • 1文字0.5円…2,000字で1,000円

上記のような2,000字の仕事は、早いと1時間くらいで終わります。

逆にいえば、文字単価0.5円以下だと時給1,000円を切るんですね。

それじゃモチベ上がらんし、頑張って書いても報われないからやめたほうが良いよ…って話でした!

クラウドワークスでは手数料を意識しないと損する!


クラウドワークスでは手数料込みか、手数料抜きかも見分けましょう。

なぜなら手数料によって報酬が大きく変わるから。

手数料によって報酬が大きく変わる

クラウドワークスは、基本的に手数料20%がとられます。

すると上記画像のように1,000円以上報酬額が変わることもあるんで、見落とさないようにね!

倍率


良い仕事を獲りたいなら、倍率もチェックすべき!

なぜなら初心者は実績数の少なさからベテランライターに勝ちづらいから。

そのため少しでも倍率の低い仕事に応募し、採用率を上げることが重要なんです。

倍率が低い仕事

上記画像のように、「募集人数」「応募した人」を見れば倍率がわかりますよー!

評価とコメント


悪質な仕事を避けるには、クライアントの評価も見るべきです。

クラウドワークスでは☆5評価と口コミを見られるんですが…

  • ☆4.5以下
  • 口コミ数が10個未満
  • 1つでも文句系のコメントがある

上記のうち、1つでも当てはまるクライアントは疑ってかかりましょう。

仕事数の多いクラウドワークスで、わざわざ評価の低いクライアントを選ぶ必要は皆無です。

良い仕事が来るのを待って、怪しい仕事は全てシャットアウトしましょ!

関連記事

詐欺案件の見分け方を知りたい方は【2020】クラウドワークスの怪しい仕事をまとめたよ【利用規約と照合】にて解説しています。

メディア公開の有無


メディアを公開していれば、詐欺られる確率はかなり低いです。

なぜなら酷い対応をされたとき、そのメディアを叩くことができちゃうから!

炎上したいクライアントなんていないからこそ、メディア公開があると安心なんすね。

クラウドワークス「初めての仕事」でよくあるQ&A

クラウドワークス「初めての仕事」でよくあるQ&A

ここからはクラウドワークス初仕事の際、みんなが感じやすい疑問を解決します。

 
  • タスク形式から始めるのは?
  • スカウトに合意していいの?
  • 「予算は相談」ってなに?

初めて個人で仕事を受けるって、不安しかないですよね?

でもそこで一歩踏み出さないと、収入アップは絶対に達成できません。

なので1つ1つ疑問を潰し、自信をもって取り組めるようにしましょ!

初めての仕事で「タスク形式」をやるのは?


アンケートなど1回きりで終わる仕事を、クラウドワークスでは「タスク形式」と呼びます。

他のサイトでは「タスクを最初にやれ!」という人も多いんですが、正直ボクは反対ですね。

なぜならタスク形式は稼ぎに限界があるから。

しかもタスク形式に慣れると、より専門的なプロジェクト形式の仕事にプレッシャーを感じます。

それだと月数万円を稼ぐのはムリなんで、最初からプロジェクト形式をするのが◎

関連記事

タスク形式について更に詳しく知りたい方は【検証】クラウドワークスでタスク形式の仕事をやってみた!いくら稼げた?にて解説しています。

スカウトが来たんだけど?


初心者でも登録してすぐに「スカウト」が大量に届きます。

「スカウト」と聞くと耳障りがいいですよね?でも初心者へのスカウトは、安く買い叩きたいクライアントの押し売りにすぎません。

だって冷静に考えて、実績の少ない初心者にスカウトするっておかしいじゃないっすか(笑)

こういう案件はスキルの身につかない単純作業をさせられ、1時間で300円とかしか稼げません。

結論。初心者のうちはスカウトを避けよう!

関連記事

スカウトについて詳しく知りたい方は【必見】クラウドワークスのスカウトで受けるべき仕事を全部教えます【月3万も】にて解説しています。

「予算は相談」という仕事に応募していいの?


一覧を見てると、まぁまぁの頻度で予算は相談という仕事に出会います。

予算は相談

これはクライアントと相談し、報酬額を決定しよう…という意味ですね。

仕事の報酬相場を理解した上で、自分の実績を加味して料金設定する力が求められます。

なので初心者のうちは、スカウト同様に避けるのがベターかと。

【初心者必見】クラウドワークスの「予算は相談」ってなに?【わかりやすく解説】

【Webライターチャレンジ⑤】クラウドワークスで初めての仕事を探そう!

【Webライターチャレンジ⑤】クラウドワークスで初めての仕事を探そう!

ではWebライターチャレンジ⑤ということで、初仕事を探していきましょう!

今回は以下の手順で、条件に合う仕事を探すまでがミッションです。

  1. クラウドワークスのアプリを開く
  2. 検索欄にて仕事カテゴリを【記事・Webコンテンツ作成】に設定
  3. 検索欄にて依頼形式を【プロジェクト(固定報酬制)】に設定
  4. 検索欄にて文字単価を【0.5円〜】に設定
  5. 以上3つの設定で検索

で、好案件の条件は以下↓

  • 苦手じゃないジャンル
  • (できれば)手数料抜きで報酬をくれるクライアント
  • 倍率が1桁台
  • 口コミ数が10個以上
  • ☆4.5以上で文句系のコメントなし
  • (できれば)メディアを公開している

「できれば」と書いたのは、“難しければ無視してもOK”という意味です。

ここまで探せば好案件の特徴も掴めるし、爆速で成長できますよ!

この機会に筆者コバも探してみたぞい!


…なんだか説明してたら仕事したくなったんで、ボクも探してみました!

検索画面で以下のように入力すると、2020年7月現在は555件の仕事が!!

仕事を探してみました

検索画面

おー、まだまだ仕事が大量にありますな。こりゃ迷うぞ(笑)

…という感じで、検索→条件に合う仕事を選ぶの流れを徹底すれば、1つくらい良い仕事は見つかります!

で、見つけた後はテストライティング合格〜納品までやり取りが必要ですが…。

この辺りは高評価に繋げるコツがあるので、別記事で解説しますねー!

【ガチ事実】クラウドワークスのテストライティングで採用率を3倍アップさせた方法 【Webライターチャレンジ⑧】文章の書き方を覚えよう【無料で添削します】

まとめ

最後に本記事の内容をまとめます。

まとめ
  • 仕事を探す際に見るべき項目
  • ジャンル
  • 文字単価と手数料
  • 倍率
  • 評価とコメント
  • メディア公開の有無

Twitterでは偏差値50以下の大学生を中心に、ブログなど一緒に副業を頑張れる仲間と繋がりを増やしてます↓↓

そして、最後に1つクイズ!!

文章内の空欄に当てはまる語がわかりますか?

問題
  1. 応募メッセージは長くても◯文字以内に収めないと嫌われる
  2. 本契約をしたあとは◯◯が難しくなるから、要注意!
  3. クラウドワークスでは応募する際に◯◯の項目をよく見ないとヤバイ!

すべて答えられなかった人は、Webライターチャレンジ⑥【仕事に応募編】に進みましょー!!

【Webライターチャレンジ⑥】クラウドワークスで応募するやり方の全手順を図解!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です