→KOBAのプロフィールはこちら←

クラウドワークス応募メッセージのテンプレートを大公開【3回の応募で1件契約!】


どうも!クラウドワークスで45件仕事し、全て☆5評価を勝ち取っているコバです。

先日こんなツイートをしました。


反響があったので、今回は下記の流れで『クラウドワークスの応募メッセージ』について解説していきます。

  • 本記事の流れ
  • 採用される応募メッセージのテンプレ
  • 採用率をアップするコツ
  • ぶっちゃけ大事なのは「実績数」

読めば、初心者ライターでも採用率が数倍アップしますよ!

あなた

初心者だと3回に1回採用されるのは無理でしょ(笑)
いや、実績を手作りすればできるんだよね!

コバ

クラウドワークス応募メッセージのテンプレを大公開!

クラウドワークス応募メッセージのテンプレを大公開!

ボクが普段から使っている、応募メッセージのテンプレを公開します。

3回に1回契約を勝ち取れたテンプレートがコチラ↓↓

初めまして。コバと申します。

埼玉でWebライター、ブロガーをしております。経験日数としては両方とも1年半以上です。

【応募理由】

今回「○○(=ジャンル)」に関する記事ということで、私自身(経験談)をしてきたため、お役に立てると思い応募しました。

また○○の経験もあり、実体験を生かした記事を書くことが可能です。

【Webライターとしての実績】

・株式会社スタジオテイル様『みんなの転職体験談』
→ https://min-ten.com/guide/guide_6000/

・株式会社Intro様『Rekisiru』
→ https://histo-graphy.com/1167
→「世界史 おすすめ 本」1位

※最後には「サンプル記事」を添付しているので、ご参照ください


【スキル紹介】

・キーワードに沿ったライティング
・見出しにキーワードを含める
・共起語を本文に含める
・上位サイトリサーチによる検索意図の理解
・上位サイトにはない情報を加える
・結論→理由→根拠→具体例→再度結論という文章構成
・WordPress直接納品
・ぱくたそ、Pixabayなどによるフリー素材画像の挿入


【作業可能時間】

毎週火曜、金曜以外の週5日

9:00〜19:00(週50時間以上)

【執筆ルールのご確認】

・○○文字以上
・○○で納品
・画像選定なし
・見出し作成は○○が担当
・ですます調


【サンプル記事の提出】

スムーズに実績を判断できるよう、簡単なサンプル記事を添付させて頂きました。

全体の構成、見出し、キーワード、本文を含めております。

もちろんテストライティングも別途お受け致しますので、あくまで参考程度に見て頂けると嬉しいです!

【最後に】

ユーザー目線でWebサイトを拝見したところ、○○が改善できると気付きました。

私自身SEOライターとして40件以上書いてきましたが、集客率の高いメディアは○○が出来ています。

もしお仕事依頼して頂けましたら、無償で○○することも可能です。遠慮なくお申し付けください。

このテンプレで、下記画像の通り3分の1で契約ゲットすることができました。普通は20件応募して1件と言われる世界なので、それなりの結果ですよね(笑)

3回に1回の確率で契約を勝ち取る

なんの工夫もせずに応募しても、ベテランライターには勝てません。その事実を押さえましょう!

【テンプレート序盤】挨拶から実績まで


テンプレート序盤の項目は以下3つ↓

  • 挨拶
  • 応募理由
  • Webライターとしての実績

まず挨拶で軽く実績をアピールし、応募理由に進みます。

ポイントは応募理由を「経験と絡めて紹介すること」です。

信頼できる経験や情報があれば、たとえ初心者でも話を聞いてみたくなるので。

そこから(もしあれば)実績を載せると、さらに信頼感がアップしてGood!

【テンプレート中盤】スキル紹介から執筆ルールの確認


テンプレート中盤の項目は以下3つ↓

  • スキル紹介
  • 作業可能時間
  • 執筆ルールのご確認

「スキル紹介」「執筆ルールの確認」を載せることで、クライアントが抱えている…

この人はちゃんと仕事してくれるかな…?

クライアント

…という不安を減らせます。

さらに「作業可能時間」を載せることで、ライターに連絡できる時間帯が把握できるんです。

まとめると、中盤では「クライアントの不安を払しょくする」のがポインでした!

【テンプレート終盤】サンプル記事と最後に


テンプレート終盤の項目は以下2つ↓

  • サンプル記事の提出
  • 最後に(差別化/特典)

終盤ではサンプル記事を提出し、信頼を取りにいきます。

案件1つのためにサンプル記事を書く人は、1人いるかいないかです。つまりこの手間をかけるだけで、差別化することが可能。

さらにライター経験者であれば、SEOなどの観点から改善点を伝えると良し!!

あなた

改善点なんか伝えたら、「偉そう!」と思われない…?

…と不安になる方も多いでしょうが、実際は逆で、

改善点を見つけられるってことは、主体的に仕事してくれそうだな…

クライアント

…という好印象を持たれます(改善点を間違えちゃうと逆効果だから慎重に笑)

つまり一生懸命仕事します!ちゃんと納品します!という意欲を伝えきるのが、終盤のポイントですね。

関連記事

評価される記事の書き方を知りたいなら【Webライターチャレンジ⑧】文章の書き方を覚えよう【無料で添削します】にて解説しています。

クラウドワークスの応募テンプレートで採用率をアップするコツ3選

クラウドワークスの応募テンプレートで採用率をアップするコツ3選

「初心者でも採用率がアップする応募メッセージのコツ」を紹介していきます。

  • 圧倒的に差別化する
  • クライアントの手間を減らす
  • 実績がなければ作る

ボクはこれまで110件以上、クラウドワークスで応募メッセージを送ってきました。

その試行錯誤した経験のなかで最も採用されやすかったコツを紹介します。

圧倒的に差別化する


応募メッセージで一番大事なのは「埋もれないこと」です。

なぜなら人気の仕事であるほど、応募者が殺到するから。

ボクは以前外注に携わった経験があるのでわかりますが、10件を超えると読むだけで大変です。

そのため一瞬でもクライアントの目に留まるよう、差別化を心がけてください。

応募メッセージで差別化するには?


差別化するには「他のライターがしていないこと」をするのが一番です。

具体的には…

  • 記事サンプルを載せる
  • 最初の挨拶をメッチャ元気にする
  • 圧倒的な実績を作る(50万PVなど)
  • 特化する(例:転職経験20回)
  • サイト改善案を5個提示する
  • レスを速くする

…など、アイデア出しすれば思いつくはず。

そこから思いついたアイデアを1つずつ試し、自分だけの必勝法を作れば差別化できますよ!

クライアントの手間を減らす


次に大切なのが「クライアントの仕事量を減らす」ということ。

この人仕事しやすいな…!

クライアント

…とクライアントから評価されるには、やり取りでストレスを与えないことが重要です。

具体的には…

  • 質問はまとめて
  • 返信は最短でも2時間以内
  • 締め切りより早く納品

…などが挙げられますね。

基本的には「自分がクライアントだったらこうして欲しい!」という行動をとれば間違いないかと!

実績がなければ作る

あなた

Webライターとしての実績がないんよ…

…という初心者ライターさんは、「実績を手作りする」のがベスト!

なぜなら「あなたの仕事のために行動しました!」という熱意を伝えられるからです。

例えば【仮想通貨に関する記事作成(1文字2.0円)】という高単価案件で、仮想通貨の知識がなかったとしても…

  • (ネットや本で調べて)サンプル記事を書く
  • Twitterで仮想通貨の経験者から話を聞く
  • 自分で試してみる

…など、1日あれば実績は作れます(本は図書館なら無料で読めるし)。

むしろ最新情報を仕入れるぶん、ベテランライターを出し抜けるので最強です。

関連記事

記事を書く際のリサーチ方法について詳しく知りたい方はWebライターに必須の効率的なリサーチ方法(※現在執筆中です)にて解説しています。

【本質】クラウドワークスの応募で1番大事なのは「実績数」

【本質】クラウドワークスの応募で1番大事なのは「実績数」

応募メッセージの本質をいうと、「実績数が多い人」ほど採用率は高くなります。

なぜなら下記画像のとおり、クラウドワークスではハッキリと評価が出るから。

実績数が多い人

あなたも家のリフォームを頼むなら、仕事経験があって評価の高い大工さんがいいですよね?笑

つまり、最強の応募メッセージは「(高評価な)実績数の多さ」だということを押さえておきましょう。

実績のない初心者はどうする?

あなた

いやいや!「3回に1回は採用される」とか言っておいて、結局実績の数かよ!

…という初心者ライターさんこそ、「紹介した応募メッセージのコツを活かすべき」です。

たしかに誰が見ても実績あるベテランライターと被れば、負ける可能性は高い…。

ですが、もし下記のような条件だったらどうでしょう?

  • たまたまベテランが少ない
  • ベテランだとしても態度が雑
  • 同じような経歴のライターばかり
  • ヘタに予備知識がなく、熱意のある人が欲しい

この場合、たとえあなたが未経験だったとしても勝てる可能性は高いです。

なぜならあなたの応募メッセージはクライアント想いで、熱意が伝わるよう最適化してあるから(前章で解説したよ)

最初からあきらめることなく、応募メッセージのコツを使うよう心がけましょう!

関連記事

Webライター月5万円を達成して初心者を脱出したい人向けに、Webライター月5万円の5ステップ!Fラン大学生でも3か月で出来た!にて、効率的よく実績を貯める手順を解説してます。

まとめ

最後に本記事の内容をまとめます。

まとめ
  • 応募メッセージのコツ3選
  • 圧倒的に差別化する
  • クライアントの手間を減らす
  • 実績がなければ作る

Twitterでは偏差値50以下の大学生を中心に、ブログなど一緒に副業を頑張れる仲間と繋がりを増やしてます↓↓

そして、最後に1つクイズ!!

文章内の空欄に当てはまる語がわかりますか?

問題
  1. 2,000文字を書く平均時間は○○時間
  2. ライティング時間は○○すれば必ず速くなる
  3. ライティング時間を3時間以上短くするには○○を使うしかない!

すべて答えられなかった人は、Webライティングの時間を速める具体策を読んでみましょー!!

【実体験】ライティング時間を3時間短縮した方法とは【5時間が2時間に!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です